スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節水グッズその効果は! 

昨年の12月、我が夜の主要蛇口に節水グッズを装着した
(詳細はこちらを参照)

シャワー(田川化工製節水パワーヘッド)
KC3A0161.jpg

それから

キッチン蛇口(タカギ製節水アダプター)
KC3A0169.jpg


設置から2ヶ月。

いよいよ検針の結果がポストに入っていた。

シャワーは50%の節水力。
蛇口は30~40%である。

いったいどのくらい使用量が減っているか!

とにかくわくわくして結果をみた。
KC3A0254.jpg


水道使用量1~2月は!!!

なんと!


37立米

おおおおおお~~~~(無意味)




これまでのデータと比較。


え~っと去年の11月から12月は。っと


ん?

あれぇ?

38立米??

ちなみに昨年の2月のデータは

フムフム!

44立米!


微妙な結果ではあるがここで新な新事実が。。。


検針の2日前のこと。

天気も良く少し暖かい天気のもと

子ども達が庭でおままごとかなにかをやって遊んでいたらしく

次の日のお昼前になって

屋外の蛇口から水がジャージャーと出ているのをカミさんが発見


なんということだ


水道の水は一般的に1分間に6リットルほど出てくる。

ということは10分で60リットル。

さらに60分では360リットル、



子ども達が遊んで水を出したのがだいたい17時ころとして

次の日10時に発見。

あいたたたた

17時間も出ていたということになる。

だんだん話をするのもイヤになってきたが

360リットル × 17時間 = 6,120リットル

かんたんに計算して6立米もの水を

ジャージャーと流していたことが判明。



「なにが節水だ。」

と怒られるような話であるが

この2ヶ月のあいだ節水グッズでためた貯金を

一気に放水してしまった。(ヤレヤレ)



ただ大ちょんぼでふりだしに戻るという結果にはなったが

この大ちょんぼがなければ31立米という結果だったということにもなる。

グッズの効果は上々であるのは確かなようだ。。。

とにかく

気を取り直してがんばろう。


スポンサーサイト

「節水カフェ」開設のご案内 

このブログの開設当初は
「水」や「節水」というテーマに添って
更新していく予定をしていましたが

気がつくとボクのくだらない赤っ恥日記に
成り下がっていることに気がつきました。

このブログを方向修正しようかとも思いましたが
数は少ないですが常連さんもいらっしゃるし
なによりもボク自身結構楽しんでいるという事もあり
このブログとは別に
「節水情報局」
というブログを新に開設しました。

どちらも毎日更新を目標にがんばりますので
よろしくお願いします。

節水カフェへはこちらから

連日W更新! 

今日はこれ!

KC3A0169.jpg

キッチンの蛇口用です。
せっかくコメントを頂戴したので
取り急ぎ超特急で取り寄せました。

これまたシャワーヘッド同様
ホントに30~40%も節水してるの?と
疑いたくなるような使用感です。
ていうかこっそり疑ってます。
次回の水道代の請求書で検証します。

ホントに水道代半額になったら
寿司だな寿司♪

にしても節水オタクまっしぐらってかんじですな♪

節水シャワーヘッド装着! 

KC3A0161.jpg

このシャワーヘッドはかなりの優れモノでして
これまでメディアにも度々登場しています。
あまりに優れポイントが多いので箇条書きにしてみますと
・ 節水水量は驚きの約50%。
・ 水の勢いは標準タイプに比べ約20%アップ。
・ 水圧が強くマッサージ効果もあり。
・ 取り付けはいたって簡単、シャワーヘッドを交換するだけ。
などなど
さすが売れ筋商品ということもあり
たくさんのブログやホームページで紹介されています。
モノは試し。
まずはその効果を自分で試すことに。

KC3A0162.jpg

先ほど実際に使ってみたところ
息子(4歳)がまずシャワーヘッドをみるや
「カッコイイ~~~♪」
この評価は理解できない感もしますが
その使用感は、なんと上記説明書のとおり!
水量が半分に減っているなどとは到底思えません!
子ども達のシャンプーも自分のシャンプーも
まったく今までと同じ感覚で洗うことができました。
むしろ水圧が強くなり痛いほどでした。

お子様のシャワーの使い方にご不満をお持ちのお母さん。
(我が家の場合はボクの使い方に不満をお持ちの奥様・・・。)
またマンションの高層階にお住まいでシャワーの水圧に不満をお持ちの方。

これはオススメです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。